So-net無料ブログ作成
検索選択

南鳥島でレアアースを採掘! 中国からの輸入依存脱却  [時事]

スポンサーリンク




南鳥島 レアアース 中国

南鳥島沖の海底に、極めて高い濃度のレアアースが含まれていることが分かりました。

昨年、東京大学区の加藤泰浩教授が南鳥島沖の海底に日本の消費量の230年分のレアアースが存在すると発表していた。

今回の調査では、海洋研究開発機構の深海調査研究船「かいれい」が南鳥島沖で水深5600メートルの泥を採取した。

採取されたレアアースの濃度は最大で6000ppm。中国の鉱山で採掘されるレアアースの濃度は300〜500ppmなので20倍弱の量である。

経産省は今後も調査を続け、日本の排他的経済水域でレアアースの開発を実現したい意向のようです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
現在、日本はレアアースの輸入を90%以上中国に頼っています。しかし、2010年4月に中国は希土類の出荷を4割削減すると発表しました。
国内で採取できるようになれば、輸入規制等も恐れなくてすむので日本にとっては朗報ですね。

まぁ、中国は黙っていないと思いますけど。。きっと「レアアースが採取できる一体は中国の領土だ!」と主張してくるんでしょう。

■■レアアースとは■■
・希土類元素のこで、希少価値が高い。
ハイブリッドカーやLED、スマートフォンなどのハイテク製品の多くに使用されている
・レアアースの需要はここ十数年で急速に拡大


■■南鳥島とは■■
・小笠原諸島の島
・日本国の最東端で本州から1800kmの位置
・日本国の実効支配の及ぶ島で唯一、他の島と排他的経済水域を接していない島である




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。