So-net無料ブログ作成
検索選択

TPP 日本の交渉参加は吉と出るのか? [時事]

TPP 日本の交渉参加が正式承認!

4月20日、米国やオーストラリアなど環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加11カ国は日本の交渉参加を歓迎する声明を発表した。

今まで日本の参加に反対であったカナダも参加を認める姿勢を示したことで正式に承認された模様。

声明では、「日本の交渉参加でTPPは世界の国内総生産(GDP)の40%近く、世界の貿易の3分の1を占めるようになる」と、日本が加わる意義を強調した。

TPPの参加国は下記11カ国
シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランド、オーストラリア、ペルー、アメリカベトナム、マレーシア、カナダ、日本


TPPについては、今まで紆余曲折がありましたが、やっと参加することが決まりました。
具体的には7月の交渉から参加する見通しだそうです。

しかし、このTPP本当に日本にとってプラスになるのでしょうか。
参加することに意義があるというような印象を受けます。
米などの農産品を守ろうとするあまり、その他の分野で譲歩をしすぎなような気もするし。

日本にとって唯一のメリットと考えられていた自動車の関税についても、TPPで許容されるマックス(10年後)まで先送りすることになりました。すなわち、TPP参加において日本に具体的なメリットは「無い」ということになります。

既に終盤を迎えているTPPは内容がほとんど固まっており、そもそも交渉力が全くない日本が残りの少ない期間で日本に有利な条件を結べるとは考えにくいですね。


3.11東日本大震災を振り返る 黙祷 [時事]

3.11 東日本大震災 地震 津波 黙祷 時間

本日は、2013年3月11日。
2011年3月11日に起きた東日本大震災から丸2年が経過しました。

地震が発生したのは、14時46分18秒。
地震の規模は、マグニチュード 9.0で、日本周辺における観測史上最大の地震でした(最大震度は7)。

14時46分に黙祷を捧げることが話題になっていますが、実際には14時46分には死者は出てないんですよね。
東日本大震災の場合は地震よりも、その後の津波による被害の方が大きかったので。
便宜上、分かりやすい地震発生時刻に合わせるということなんでしょう。

[東日本大震災の死傷者数]
日本国内
死者 15,880人
行方不明者 2,694人
負傷者 6,135人

日本国外
死者 2人
行方不明者 5人

被害総額は16〜25兆円

この死者・行方不明者数は、関東大震災の10万5,385人、明治三陸地震の2万1,959人に次ぐもので、阪神・淡路大震災の6,437人を大きく上回る第二次世界大戦後最悪の巨大自然災害でした。

この中で、日本国外にも死者2人、行方不明5人がいたというのは気になりますが。
どういうことなんでしょう?

東日本大震災の時、私は会社にいました。その日は当然業務もできない状態だったので、歩いて家に帰りました。途中、皇居を通ったんですが、帰路に向かう人の山で映画のワンシーンのような非現実的な光景だったのをよく覚えています。
津波の映像もまた現実とは思えないものでしたよね。

次期駐日大使候補「キャロライン・ケネディ」の夫とは・プロフィール [時事]

次期駐日大使候補「キャロライン・ケネディ」の夫とは・プロフィール

キャロライン・ケネディ 夫 プロフィール

次期駐日大使にジョン・F・ケネディの娘であるキャロライン・ケネディ氏(55)が候補としてあがっている。

確定すれば、駐日大使としては初の女性となる。

「プロフィール」
キャロライン・ケネディ氏は、1963年に暗殺されたジョン・F・ケネディの長女であり、昨年の大統領選挙ではオバマの選挙対策本部の共同議長も務めていた。

キャロライン・ケネディ氏は、ハーバード大学とコロンビア大学法学院を卒業後、弁護士の資格を取得している。
その後、メトロポリタン美術館で働いていた際に、現在の夫であるエドウィン・シュロスバーグと出会い1986年に結婚した。

夫のエドウィン・シュロスバーグのプロフィールは、ユダヤ系の繊維業者の息子でデザイナーだそうで、家系も裕福らしいです。

キャロライン・ケネディ氏は、今まで政治経験がなく、肩書きほどはあまり表舞台には出ていないようである。
その反面、アメリカ国民の人気は高いらしい。控えめな所が逆に受けが良いのかもしれないですね。

ケネディ一家と言えば、不幸の巣窟であるが、キャロライン氏はその中でも幸せな人生を送っているのかもしれない。
夫とはかなり年の差があるらしいが、3人の子供がいる。

親日派なのかどうかは分からないが、キャロライン・ケネディ氏が駐日大使になれば話題性もあるし面白いのではないかと思う。今後の行方に注目です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

26日 エジプトで熱気球爆発事故 小千谷 気球 [時事]

26日、エジプト南部のルクソールで熱気球の事故があった。

犠牲者には、日本人も夫婦2組の計4人が含まれていた。
この熱気球ツアーは、広大な遺跡群を上空から一望できることから最近人気を集めていた。

 気球は上空300メートルで爆発し炎上。
爆発後、落下し地上に近づいた際にパイロットと女性が飛び降りたという。
しかし、ガスの勢いが強いため、気球は再び舞い上がった。その後8人位が空から落ちてきたらしい。

恐ろしい光景です。。。

目撃者の証言は
「巨大な爆発音だった。怖かった。数キロは離れている場所なのに…」
「自宅が揺れた」
「真っ赤に燃える大きな物体が空から落ちてきた。赤い火が燃え盛っていた」

事故を起こした会社はルクソールに4社ある気球運航専門会社の一つ「スカイクルーズ」。
ルクソール周辺では着陸時に強風が発生し気球が転倒するなどの事故が時々起きていたという。

ルクソールは、首都カイロから南に約600キロ離れたナイル川沿岸の観光都市である。


また、気球ツアーは日本でも人気が高い。

有名なのは、新潟県の小千谷市で行われる「おぢや風船一揆」だ。

熱気球と花火によるイベントで、毎年2月下旬に開催されている。

ライトアップされた気球の上空に花火が打ち上げられるので幻想的な光景らしい。

一度見てみたいですね。


南鳥島でレアアースを採掘! 中国からの輸入依存脱却  [時事]

南鳥島 レアアース 中国

南鳥島沖の海底に、極めて高い濃度のレアアースが含まれていることが分かりました。

昨年、東京大学区の加藤泰浩教授が南鳥島沖の海底に日本の消費量の230年分のレアアースが存在すると発表していた。

今回の調査では、海洋研究開発機構の深海調査研究船「かいれい」が南鳥島沖で水深5600メートルの泥を採取した。

採取されたレアアースの濃度は最大で6000ppm。中国の鉱山で採掘されるレアアースの濃度は300〜500ppmなので20倍弱の量である。

経産省は今後も調査を続け、日本の排他的経済水域でレアアースの開発を実現したい意向のようです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
現在、日本はレアアースの輸入を90%以上中国に頼っています。しかし、2010年4月に中国は希土類の出荷を4割削減すると発表しました。
国内で採取できるようになれば、輸入規制等も恐れなくてすむので日本にとっては朗報ですね。

まぁ、中国は黙っていないと思いますけど。。きっと「レアアースが採取できる一体は中国の領土だ!」と主張してくるんでしょう。

■■レアアースとは■■
・希土類元素のこで、希少価値が高い。
ハイブリッドカーやLED、スマートフォンなどのハイテク製品の多くに使用されている
・レアアースの需要はここ十数年で急速に拡大


■■南鳥島とは■■
・小笠原諸島の島
・日本国の最東端で本州から1800kmの位置
・日本国の実効支配の及ぶ島で唯一、他の島と排他的経済水域を接していない島である


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

2013年のサラリーマン川柳(第26回) 昨年のベスト3 [時事]

サラリーマン川柳 入選作 2013 第26回


第26回サラリーマン川柳 入選作を発表

19日、第一生命保険は「第26回サラリーマン川柳コンクール」の入選作100句を発表した。
3万490句の応募作から選出している。

人気投票をインターネットなどで3月19日まで受け付け、5月下旬にベスト10を発表する予定。


毎年、景気や話題の旬な時事ネタが盛り込まれていて思わず笑ってしまうサラリーマン川柳。
今年もなかなかの作品ぞろい!思わず自分自身と照らし合わせてしまうような作品もあるのではないでしょうか。


【2013入選作で個人的に気になったもの】
・党名を 覚える前に 投票日
・オスプレイ 何んの競技と 孫に聞く
・LED 覚えた直後に LTE
・政治家も ビールに負けじと 第三に
・小遣に 消費税を かける妻
・ダルビッシュ 一球だけで 我が月給
・妻よりも しゃべってなでてる タブレット
・LCC 缶コーヒーかと 上司言い
・「辞めてやる!」 会社にいいね!と 返される


政治から芸能、科学まで様々なジャンルの作品がありますね。
笑えるけど読んでると少し悲しくなってしまうような作品が個人的には好きです。


【2012年のベスト3】
第一位 :「宝くじ当たれば辞める」が合言葉
第二位 :女子会と聴いて覗けば六十代
第三位 :妻が言う「承知しました」聞いてみたい



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。